借入件数

キャッシングのカードを再発行

キャッシングは継続して使用する場合、限度額を決めてカードを媒体にする事により、お金を借りる事が出来るようになるのですが、このカードを失くしてしまうという事態が発生しないとは限らないのです。
カードを失くしてしまうとお金を借りる事が出来ないばかりが悪用される危険性が出てくるので、すぐにカードを止めて再発行という形になると思うのですが、このカードの再発行時もセキュリティ面から色々な事を聞かれ、本人確認が行われます。
キャッシング用のカードを再発行する際は、誕生日や住んでいる住所や登録している免許証の番号など細かい部分を聞いて、本当に本人がカードの再発行を行おうとしているのかを確認して対応がされます。

カードの再発行は失くし場合だけではなく、誰かが悪用しようと考えて、新たにカードを発行しようと考えている可能性もあるので、その危険性も考慮して、最適な環境でカード再発行の手続きを受けているのです。
このようにキャッシング用のカードは悪用を防ぐために、きちんとした環境でチェックを行って、利用者を守る形で行われているので、セキュリティ面で安心して任せる事が出来るようになっているのです。
カードの再発行時にはこのように細かい部分を聞いて、初めて手続きを開始してくれます。

このページの先頭へ